画面(の一部)を画像として取り込む事を「キャプチャー」と呼びます。
横文字で書くと Capture です。

「キャプチャー」のことを「スクリーショット」や「画面コピー」
などということもあります。

で、そのキャプチャーをするのに Gimp(ギンプ)という
ソフトを使う手があります。

Gimpは、高機能な画像編集ソフト(お絵かきソフト)です。

フリーソフトで、Windows版、MAC OS X版、Linux版など
各種OSで使用することができます。

Gimpの本家ページは→http://www.gimp.org/ です。

Gimpは非常に多機能で、画面キャプチャーした後に編集
つまり、文字を入れたり矢印を追加したりする事もできます。

Gimpの画面キャプチャーを動画で見てみましょう。
※ フラッシュプレーヤ(FlashPlayer)プラグインが必要です。

左下の「右向き三角マーク()」をクリックすると再生します。
再生時間は約22秒です。
2番目の「縦棒2個()」ボタンで一時停止、
「右向き三角マーク()」で再開します。
3番目の「左矢印2個()」ボタンで最初に戻ります。

※ 2009年に作成した動画なので、バージョンが古いですが
基本的な操作は変わっていないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に