サポートページ

このページは、壁紙にカレンダーを埋め込もうwallcale.jar に関する
補足や、ご質問への回答などのサポートを行うページです。

Q1 「コマンドで一気に画像を生成するbatch機能」とはどういうものですか?
A1 コマンドプロンプト(端末/ターミナル)からコマンドでカレンダーを埋め込んだファイルを生成する機能です。
例えば、次のように使用します。
> java -jar wallcale.jar -r -hor -n3 infile.jpg outfile.jpg-r は、画像の大きさを画面サイズに合わせる指定で
-hor は、横並びの指定、
-n3 は、3ヶ月カレンダーの指定です。

の各項目に対応した指定が可能です。
Q2 埋め込むカレンダーの大きさは変更可能ですか?
A2 いいえ。カレンダーの大きさは固定です。
Q3 万年カレンダーとして永遠に使えるのですか?
A3 いいえ。休日設定の関係で、2000年〜2099年までです。
Q4 サンプルの壁紙はありますか?
A4 はい。こちらからダウンロードしてください→カレンダーを埋め込んだ壁紙のサンプル

 

先行モニターのかたから

12ヶ月カレンダーにして使っています。
壁紙にカレンダーがあるだけで、意外といろいろ便利です。

との感想も頂きました。


壁紙にカレンダーを埋め込もうwallcale.jar は、とても簡単な操作で
壁紙(デスクトップの背景画像)にコンパクトなカレンダーを埋め込むことが
できるソフトです。

元画像を画面サイズに合わせるresize機能や休日設定機能、
コマンドで一気に処理を行うbatch機能などもあります。

本ソフトは Java でできているので、Windows7/XP, MAC OS X,
Linux などOSを問わずに動かすことができます。
ソースコードも添付しています。