Javaを選ぶ理由

 

プログラミング言語には、色々なものがあります。
最初はどの言語を選べばよいか、何から始めればよいか、などが
分からなくて戸惑うと思います。

こんにちは、管理人イガジーです。

管理人の独断・好みもありますが、プログラミング入門には特に
Java が向いていると思います。
そう思う理由は、
(1)無料で開発環境が構築できる/OSを選ばない
(2)C言語との共通点が多い
(3)GUIプログラミングが(比較的)簡単にできる
などです。

(1)の開発環境というのは、JRE/JDK Eclipseなどのソフトのことです。
特に、Eclipseは高機能です(最初は使い方が分からなくてとまどいますけれど)。

(2)のC言語との類似性は、Javaだけではありませんが
Cを知っている人や、将来はC言語もやろう、と考えている人には
好都合だと思います。

(3)については、やはり今の時代、小さなサンプルプログラムを動かすにしても
GUIでなければ面白くありません。動いてうれしいと感じるのはGUIです。
もちろんC言語や他の言語でも、GUIプログラミングは可能ですが、
手軽さの面では、Javaが1番ではないかと思います。

他にもオブジェクト志向だから、とか、Androidでも採用されているから
といった理由も挙げられます。

ともかく、どれにしようか悩むよりも、やってみるのが1番でしょう。
(無料ですし、OSを選びませんから)

何かご相談事項がある方は、遠慮なく メールフォーム をご利用ください。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。