DigiPressをGentoo-Linux上で動かす

 

こんちは、サイト管理人イガジーです。


DigiPressをいじるのに、公開しているこのサイトでいきなりやるのは
よろしくないだろうという事で、自分のパソコン、すなわちローカル環境で
動かしてみました。

イガジーのパソコン環境(OS)は Linux。
Linux でもマイナー(失礼)系の Gentoo-Linuxです。

普通に wordpress が動く環境は持っていたので、
DigiPressもそのまま動くだろう、と思っていたら、どっこい。
ハマりました。

ダッシュボードで「外観」を変えるのはできるのですが、
その後「DigiPress設定」をクリックすると、phpのエラーが出て
設定ができない。というトラブル。

必要になった作業は、
(1)php の USE フラグを変更(追記)して再emerge
(2)/etc/apache2-php5.3/php.ini の変更
(3)style.css などのパーミッション変更
の3点です。

原因は、version.php での digipressのサイトに
最新バージョンのチェックをしに行く処理で、
sakuraサーバのphpでは問題ないのですが、
自前(ローカル)環境では変更が必要でした。

(1)は、phpをemergeする際の設定を変える必要があったという事
なんですが、発端は
Fatal error: Call to undefined function curl_init() というエラー、
すなわち curl_init() が無い?!というトラブル。

この curl系の関数は、コンパイルオプションになっている様で
Gentoo-Linux では、USE フラグにcurl curlwrappers あたりが必要な感じ。
さらに、(対処後に)別の所で
Fatal error: Call to undefined function implexml_load_file() というのも出たので、USE フラグにxmlreader xmlrpc xmlwriterも追記。

結局、/etc/portage/package.useは、
変更前
dev-lang/php apache2 cgi dbase mysql cjk gd crypt ctype
pcre session unicode
(実際は途中改行はありません)
変更後
dev-lang/php apache2 cgi dbase mysql cjk gd crypt ctype
pcre session unicode curl curlwrappers
xmlreader xmlrpc xmlwriter

としました。(余分なものもあるかもしれませんが)

(2)は
http:// wrapper is disabled in the server configurationという警告が出まして、
対処は /etc/php/apache2-php5.3/php.ini

allow_url_fopen = Off
allow_url_fopen = Onに変更。

(3)は、サーバにftpアップロードした時にも必要な処理です(たぶん)。
style.css, widgetcategory-block.css, dp-option-hack.css を
606(または、666)にします。
img/_upload/ は、777 にします。

上記の作業をして、無事にローカルPC(Gentoo-Linux)でも

DigiPressが動くようになりました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。