ソースコードの重要性

 

壁紙にカレンダーを埋め込もうwallcale.jar
ソースコード付きで販売開始しましたが
「別にソースコードなんて関係ない」と思ってらっしゃる方も多いようです。

まいど、イガジーです。

ソースコードがあれば
・好きなように改造できる
・プログラミングの実例として参照できる
といったメリットがあるのですが、

プログラミングに興味が無い人には関係ない
と思われてしまうようです。

商用ソフトのほとんどは、ソースコード非公開です。
そういったソフトは、「使うだけ」しかできません。

つまり、使用権を買っているようなもので
「所有」しているとは言い切れないと思います。

「所有している」とは、実際にやるかどうかは別としても
好きなようにいじくり回せることではないでしょうか?

レンタカーと、オーナーカーの違いみたいな感じです。
ソースコード付きなら、オーナーカーの気分になれると思います。

あるソフトがOSのバージョンアップなどで
動かなくなったり、不具合が起きた場合に
通常は、対処はメーカまかせになってしまいます。

ソースコードがあれば、
仮にメーカがサポートを打ち切ったり、販売を終了した場合でも
他のソフト会社に改造・改良、引き継ぎなどを委託することも可能になります。

たとえ、プログラムが分からなくても
ソースコードがあれば安心、と言えるのです。

壁紙にカレンダーを埋め込もうwallcale.jar
大掛かりなソフトではありませんが、

ソースコードの価値をご理解いただければ、と思います。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。