じゃんけんゲームを作ってみよう2

 

ゲームを作るのは、プログラミングよりも「絵(キャラクタ)」や「音楽」
「シナリオ(仕様づくり)」などの方が大変だったりします。

毎度、管理人イガジーです。

何事も経験なので、自分で絵を描いてみるのも良いでしょう。
という訳で、じゃんけんゲームに使うために、グー・チョキ・パーの
絵(じゃんけん画像パーツ)を描いてみました。下手くそですが、ご愛嬌ということで。
おまけで、メッセージとボタン画像も入れました。
じゃんけんの素材
ブラウザで右クリックして「画像を保存」すればコピーできると思います。
pngファイルで背景は透明になっています。

Javaの文字(フォント)は機種依存で、あまり美しくなかったり
するので、画像化するのもひとつの手です。
画面イメージは、次のような感じになります。
じゃんけんの画面イメージ
画像(アイコン)入りボタン(JButton)は、次のように使います。
JButton iconbtn = new JButton(new ImageIcon(image);ここで、imageはBufferedImageでも大丈夫です。
ImageIcon("filename.png"); とファイル名で画像を指定することもできます。
(が、イガジーは小さなファイルをたくさん抱えるのは好きではないので、
最初のようにひとつの絵から切り出すことにしました。人それぞれ、好き好きです。)

切り出し表示用には、次のようなメソッドを作ると扱いが楽になります。

void dispmsg(int msgn, int x, int y){
	int gy=msgn*50+100;
	int gx=12;
	int gw=260,gh=50;
	switch (msgn) {
	case 4: // 始めるボタン
	//case GBTNSTART:
		gw=120;break;
	case 5: // もう一度ボタン
	//case GBTNAGAIN:
		gw=220; break;
	case 7: // あなた
	//case MSGYOU:
		gy=200; gw=100;
		break;
	case 8: // PC
	//case MSGPC:
		gy=250; gw=70;
		break;
	case 10: // グー // 10
		gx=gy=0; gw=gh=100;
		break;
	case 11: // チョキ
		gx=100;gy=0; gw=gh=100;
		break;
	case 12: // パー
		gx=200; gy=0; gw=gh=100;
		break;
	}
	g.drawImage(imc, x, y, x+gw, y+gh, gx, gy, gx+gw, gy+gh, f);
}

入力引数の msgn は、メッセージ/アイコン番号で、あとで
ラベル化の予定です。

	case 4: // 始めるボタン
	//case GBTNSTART:

などは、その準備(予告)です。
Image imc には、先の「じゃんけんパーツ画像」を読み込んでおきます。

続編は、明日(の予定です)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。